リゾナーレでの結婚式当日の式の流れを紹介

私たちは前日から宿泊をしました。私の用意が10時45分からでしたので、とってものんびりすることができました!そのまま部屋での準備だったので、メイクの先生がきてくれるというものでした。

ちょっと早く来た友人が電話をくれたので、部屋に呼んで話しながらメイクしたりと本当にリラックスムード満点でした。準備してる様子を友人がカメラで撮ってくれて、友人たちがまるでカメラマン!!

そして、1時間後に旦那様の準備!すぐに済んじゃいますけどね~
でも、緊張してましたねーだんなさんは!

準備が揃ったところで、介添人の方が式での注意事項やリハーサルをしてくださいました。

この介添人の方が本当にいい方で(メイクの先生も!)入ってくるなり、私をみて涙を浮かべおめでとうございます。と言ってくださるので、メイクをしたばかりだというのに、私まで泣きそうになってしまいました。

どこの介添え人の方もそうなのか?わかりませんが、「今日は思い切り泣いてくださいね!私はいつでも新婦さまのおそばにいますから安心して泣いてください!メイクの先生をスタンバイさせておきますから!」と言われ、本当に安心しました。本当は時間外だったのですが、最後の方まで側にいてくださって感謝の気持ちでいっぱいです!

話しがちょっとそれましたが、リハーサルは父も来てもらってですが、またやばかった・・・
あれだけ泣くことはないといいながら、父を見たとたん不覚にも涙が・・

そして、13時からガーデンチャペルZONAで式を!
これまた牧師さんがいいこと言うから、泣けました。
(メイクの先生がこの牧師さんのことを絶賛してました!)

そして!チャペルに父と入ったときは満面の笑みを浮かべていた私ですが、顔を上げた途端、出席している友人に家族が号泣していたので、びっくりしちゃいました!

結局、私も我慢はしてみたものの、化粧がぐちゃぐちゃになってる妹を見たら・・・

その式が終わり、チャペルの反対側でシャンパンで乾杯!
そして、場所を変えて全員で写真撮影!

その後は私はお色直しをして、パーティーに!15時からはじまったパーティーは本当は5時半だったんですが、なんやかんやと時間がおして6時半くらいになりました。

とりあえず結婚式は終了~

次は休憩をいれて20時くらいから2次会をはじめて、ここでたくさん買い込んだワインなどを飲みつまんで12時過ぎまで楽しみました!

なかなかゆっくり話せない友人とこんなにゆっくりできたのは久しぶりで、盛り上がっちゃいました♪

私の場合は少人数制の滞在型挙式でしたが、本当に大満足な結婚式でした!!

他にもいろんな素敵なプランがあると思いますので、気になる方はぜひリゾナーレのブライダルサロンまで☆
これから結婚式をする方の参考に少しでもなってくれたら幸いでございます!





リゾナーレの予約はこちらから

結婚式当日は緊張しましたが、スタッフの方達に支えられました☆

写真楽しい時間はあっという間に過ぎ去るといいますが、結婚式も本当にあっという間に1日過ぎていった感じでした。

やっぱり、挙式が1番緊張しましたねー。

父と並んで歩くことって早々ないですし、チャペルの中の雰囲気といいますか。

でも、私たちが入っていくと同時に、閉まっていたドーム型のチャペルが開いて、揺らぐ木々や水面が見えてきたら少し落ち着きました。

このチャペルの椅子がとっても可愛いのです。

背もたれがガラスになっていて、そのガラスに水草が揺らめくように描かれていて、少しでも前に見える大自然や池が後ろからでも見えるようにということで、デザインされたということです。

ステンドグラスの光が差し込む教会でも素敵だと思うのですが、こういった大自然を見えるチャペルでの式もいいものだなぁと思いました。

ガーデンチャペル「ZONA」は本当に素敵なチャペルなんですよ!


写真当日は私たちは何もしなくても、スタッフの方が段取りよくスムーズに進めていってくれましたので、何の心配もなくリラックスして結婚式を行うことができました。

パーティーはだんなさんのお父さんに軽く挨拶してもらって、その後は人数が少ないため一人ひとり自己紹介を。

妹は緊張したのか、「幸せになってください」と言いたかったと思うのですが、「幸せになります」と言って笑いを誘ったりしてました(笑)

その後は好きなように食事をしたり、写真を撮ったりしてました。

でも、パーティーが締まらないということで、ケーキカットとやっぱりはずせなかった親への手紙

親への手紙はやめようとも考えたのですが、やっぱりこんなときにしか、言えないこともあると思い、恥ずかしいなーと思いながらも手紙を読みました。

ここでも、泣いて読めず友達に読んでもらおうかと思ってしまったくらいでした(笑)
母も父も号泣でした・・・

ちょっとした両家の両親へのプレゼントも用意していたので渡して、新郎の挨拶で終了というカタチでした。

はじめは結婚式をしないと決めていた私たちですが、やっぱり小さくてもささやかでも、結婚式というものは行ったほうがいいのかもしれないと思いました。

今まで好き放題で生きてきていましたが、みんながいたから支えられていたから今の私たちがいるんだということをすごく実感しました。本当に友人や家族に感謝の気持ちでいっぱいになりました。

そして何より、両親のあんなにうれしそうな顔をみたのは初めてだったと思います。
それだけでも、結婚式をしてよかったと思っています。

はじめての親孝行かなぁ!?

でも結婚式がゴールではなく、ここからが二人で生きていくということの始まりなので、これから山あり谷ありあると思うのですが、この結婚式でみんなに祝福してもらったことを忘れず二人で乗り越えていこうと思ったのでした。

【リゾナーレと同じ星野リゾート運営の宿泊施設】

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ